ホークス観戦で乳がん撲滅!

先日福岡SoftBankホークスの鷹ガールズデイに行ってきました。
前身は「女子高生デイ」ですが、大人の女性や女子高生じゃなくなった女子からの声が上がり、女性全部ガールズだ、と云うことで来館者の女性にピンクのユニフォームを配ります。
毎年デザインが違うのですが今年は可愛らしいデザインだと思いました。
館内に入り自分の席の通路を探していたところ、小4くらいの男の子がパンフレットとポケットティシューを持って「どうぞ」と声を掛けてくれました。

よく見るとピンクリボンの啓発運動を行っていました。
私自身は乳がん患者です。
乳がん罹患から8年近くが経ち、再発転移もないと云うことで新たにガン保険に加入も出来ました。
自分の妹や従姉妹や友だちにはよく「自己検診も病院での検診もしっかりしたほうがいいよ」と声掛けしています。
自分自身で見つけることの出来る数少ない癌だと思うので、月1回の自己検診は大事だと思います。

私自身も自己検診で見つけました。
福岡SoftBankホークスが鷹ガールズデイとピンクリボンを結びつけたのは、コーチである鳥越さんの奥様が若くして乳がんで亡くなられたため、鳥越コーチがせっかくならと啓発運動をされているためです。
実際にファンの方と館内でお話する機会があり、ピンクリボンと福岡SoftBankホークスとの結びつきを彼女から教えてもらいました。

そこで私は乳がん罹患患者として、彼女に定期的な検診をお勧めしておきました。
こういった活動で少しでも裾野が広がってくれればいいなぁと思っています。