マイナンバーカードの申請率が伸びない理由

マイナンバーカードの申請率は20%に満たないのが現状です。申請率が伸びない大きな理由として、メリットがあまり知られていないことです。また、そのメリットを実際にメリットだと感じない人が多いことだと思います。

マイナンバーカードのメリットで一番大きいのは、マイナンバーカードは写真付きのカードとなるので、「身分証明証」として使うことができることです。しかし現状、「身分証明証」として運転免許証やパスポートを既に持っている人が多く、新たにマイナンバーカードを申請して、新たに身分証明証を手にする必要がない人が多いのです。他のメリットも「通知カード」と「身分証明証」があればできることが多く、わざわざマイナンバーカードを申請してまで、そのメリットを利用する必要がないのが現状なのです。

たとえば、コンビニなどでの各種証明書(住民票や印鑑登録などの公的な証明書)を取得できるサービスがありますが、これも通知カードと身分証明証があれば、役所で今まで通り取得することができます。
このように、マイナンバーカードのメリットを実際にメリットとして捉えている人が少ないのが現状です。

看護のお仕事