賠償金などで支払う口座の開示を命令できるようになりました。

“賠償金の支払いについて、裁判所が支払う側の口座の開示を命令できるようになりました。
これは裁判所で支払いを命じられても、支払ってもらえないことが多々あり、法律の見直しと改善を行った結果の変更なのです。
今までの仕組みでは、支払ってもらう側が支払う側の銀行を指定すれば、強制的に差し押さえすることが出来たのですが、必ずしも相手の口座が分かる場合ばかりではないので、このようなことが起こってきているのです。
背景には、支払う側が支払いをしなくても罰則軽い為に起こっているのです。
悪く言えば、支払う側の逃げ得が許されている、と言っても過言ではないのです。
相手に支払いをしなければいけないほどのことは、人の人生を変えるようなことをしていると言うことでしょう。
人生は支払う人にもありますが、犯罪や事故を起こしたとするならば、罪を償うことは当たり前のことだと思います。
故意の場合は、加害者側のその人の人生はないモノとして考えても良いと思うのです。
仕方がない、それだけのことをしているのだから。
逃げる人は増えていますが、逃げ得がないように願いたいですね。
引越し 見積もり